検索

キーワード


目次

【SQL】SQLの更新

  • 公開日:2020-10-26 17:59:03
  • 最終更新日:2020-11-24 16:32:55
【SQL】SQLの更新

Works では難易度の高いものから低いものまで、スキルや経験に合わせた案件を多数揃えています。会員登録は無料ですので、ぜひ会員登録してご希望の案件を探してみてください!

フリーランスとして活躍するには、ご自身のスキルや経験に合わせた仕事を選ぶことが大切です。ご希望の案件がみつからない場合はお気軽にお問い合わせください!ユーザ満足度の高いキャリアコンサルタントが在籍していますので、希望条件や悩み事などなんでもご相談ください。ご希望にピッタリの案件をご紹介させていただきます。

こんにちは。駆け出しプログラマーの石井です。

こちらではSQLのUPDATE文について説明します。

少しでも参考になれば幸いです。

UPDATE文とは

SQLの「UPDATE」とは、データベース内のテーブルに挿入されている行を更新するためのSQL文のことです。

UPDATEを含めたSQL文は「データベース言語」と呼ばれるもののため、普段インターネットでWEBアプリケーションを使用したり、スマートフォンでアプリを使用していると、見えにくいものです。

UPDATEは既存のデータを更新するのに使います。

UPDATEの使い方

UPDATE文の基本構文は以下のようになります。

--UPDATE文の構文

UPDATE	表名
SET	列名 =,列名 =.

全部更新されてしまうので特定のデータを指定する構文をいれます。

WHERE	条件

これをSETの下にいれることで更新したいデータを指定することができます。


データが更新されると、「1 row(s) updated」(日本語で「1行作成されました」)と表示されます。

正しく更新されたか確認するには、SELECT文で確認してみるといいです。

SELECT * FROM テーブル名;



【著者】

石井雅人

こんにちは、駆け出しのプログラマーの石井雅人です。 まだまだ未熟者ですが一緒に頑張っていきましょう! 趣味はアニメや声優・それらのライブに行くことです。

編集した記事一覧

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?

  • 自分に合う案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な案件探し・契約周りは任せて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、Worksサイトをご利用ください!

  • 定期的にご本人に合う高額案件を紹介

  • リモートワークなど自由な働き方ができる案件多数

  • 専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

よく読まれている記事