検索

キーワード


目次

【SQL】GROUP BYについて

  • 公開日:2020-10-26 19:58:24
  • 最終更新日:2020-11-18 12:49:03
【SQL】GROUP BYについて

Works では難易度の高いものから低いものまで、スキルや経験に合わせた案件を多数揃えています。会員登録は無料ですので、ぜひ会員登録してご希望の案件を探してみてください!

フリーランスとして活躍するには、ご自身のスキルや経験に合わせた仕事を選ぶことが大切です。ご希望の案件がみつからない場合はお気軽にお問い合わせください!ユーザ満足度の高いキャリアコンサルタントが在籍していますので、希望条件や悩み事などなんでもご相談ください。ご希望にピッタリの案件をご紹介させていただきます。

こんにちは。駆け出しエンジニアの竹前です。

ここでは、SQLのGROUP BY句について説明します。

SQLについて勉強している方の参考になれば幸いです。


GROUP BYとは

同列内の同じ値のデータをまとめ、データの件数や合計等を表示するには、グループ化を行います。

グループ化を行うには、GROUP BY句を使います。

SELECT 列名 FROM テーブル名 GROUP BY グループ化したい列名;


SELECT文の後にGROUP BY句を入れ、その後、グループ化する列を指定します。


SELECT文については、以下の記事をご覧ください。

【SQL】SELECT文について


SELECT文で使える関数

SELECT文で表示する列名に関数を使うことによって、データの件数や数値の合計などを表示することができます。

GROUP BY句でグループ化することによって、グループごとの値を表示することができます。

SELECT文で使える関数には、以下のようなものがあります。


  • COUNT(列名):データの件数を表示する
  • SUM(列名):数値の合計を表示する
  • AVG(列名):数値の平均値を表示する
  • MIN(列名):数値の最小値を表示する
  • MAX(列名):数値の最大値を表示する


GROUP BY句の使い方

まず、以下のようなtb1テーブルがあるとします。なお、画像はMySQLのものです。

tb1テーブル


以下のサンプルコードで、tb1テーブルをチームごとにグループ化し、チームごとのデータの件数、数値の合計・平均を表示します。

SELECT team, COUNT(team), SUM(point), AVG(point) FROM tb1 GROUP BY team;


GROUP BY句でチームごとにグループ化され、データの件数、数値の合計・平均を表示

チームごとにグループ化され、データの件数、数値の合計・平均が表示されました。



【著者】

たけまえ

駆け出しエンジニアの竹前です。 私自身が勉強したことをもとに、難しい内容はできるだけ簡単になるように読みやすく、分かりやすい記事を心がけています。

編集した記事一覧

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?

  • 自分に合う案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な案件探し・契約周りは任せて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、Worksサイトをご利用ください!

  • 定期的にご本人に合う高額案件を紹介

  • リモートワークなど自由な働き方ができる案件多数

  • 専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

よく読まれている記事