検索

キーワード


オラクルマスターってどんな資格?取得するメリットやおすすめの参考書などを紹介

オラクルマスターってどんな資格?取得するメリットやおすすめの参考書などを紹介

オラクルマスターってどんな資格? 「オラクルマスター(ORACLE MASTER)」とは、「Oracle Database」の管理スキルを証明する資格です。現在の資格保有者は27万人を超えており、エンジニアに人気の資格の1つになっています。 以下ではオラクルマスターとはどんな資格なのか、エンジニアから人気を得ている理由について紹介しています。 世界でも使える資格 オラクルマスターは

Pythonエンジニアの年収は高い?高いとされる理由や需要・将来性も解説

Pythonエンジニアの年収は高い?高いとされる理由や需要・将来性も解説

Pythonエンジニアの職種 Pythonエンジニアとは、Pythonを使ってシステム開発やデータ分析などを行うエンジニア職種です。Pythonは汎用性の高いプログラミング言語であるため、Pythonエンジニアとひと口に言ってもその職種は様々です。 Pythonエンジニアは人材不足の状態となっているため、Pythonのスキルを持ったエンジニアであれば様々な職種で活躍できるでしょう。

Javaのフレームワークを使うメリット|おすすめ13選もあわせて紹介

Javaのフレームワークを使うメリット|おすすめ13選もあわせて紹介

フレームワークとライブラリの相違点 フレームワークとライブラリの違いは、自由度の違いです。 フレームワークはシステム開発を行う際のテンプレートのようなもので、コードの記述にルールがあるなど自由度が制限されます。ライブラリはよく使われるコードを集めたもので、プログラマーが使用したい機能を必要に応じて読み込めます。 フレームワークは自由度が少ない反面、コードの記載方法は統一されるメリ

Slackが運営している公式ブログを知っていますか? Slackのお役立ち情報が盛り沢山!

Slackが運営している公式ブログを知っていますか? Slackのお役立ち情報が盛り沢山!

Slack公式ブログSlackはSlackユーザーに向けて役立つ情報やニュースを記事にしてまとめた公式ブログを開設しています。Slackの公式ブログを知らなかった方や、知っていても利用していなかった方が多いのではないでしょうか?しかし、実際にアクセスしてみるとSlackを利用する上で活用できる情報や、他の企業がSlackを導入した感想など様々なトピックが紹介されています。この記事ではSlack公式

基本情報技術者試験はどんな内容?勉強法や受験するメリットについても解説

基本情報技術者試験はどんな内容?勉強法や受験するメリットについても解説

基本情報技術者試験とは? 「ITエンジニアの登竜門」と呼ばれている基本情報技術者試験は、ITエンジニアに必要な基礎的な知識を有していることを証明する国家資格です。 試験会場は全国の主要都市にあり、年2回実施されています。受験資格や年齢制限がないため、誰でも受験することが可能です。 出典:制度の概要:基本情報技術者試験|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 参照:https:/

HTMLを学習できるおすすめのプログラミング学校13選!選び方も解説

HTMLを学習できるおすすめのプログラミング学校13選!選び方も解説

HTMLを使ってできること HTMLは、ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ(Hyper Text Markup Language)の略で、Webページを構成する際に使用するマークアップ言語の1つです。 マークアップ言語とは、記号と文字を組み合わせて定義を行い、要素を持たせた「タグ」というものを使ってコンピューター上にいろいろな指示を与える言語のことで、HTMLの他にXML等があ

【Excel】日付処理で使用する関数、シリアル値について

【Excel】日付処理で使用する関数、シリアル値について

こんにちは。新人エンジニアの前山です。本記事ではExcelで使用される日付関連の情報をご紹介します。Excel内では日付はシリアル値という数値で管理されており、仕組みを知れば、柔軟な日付計算が可能になります。また、日付には様々な関数が用意されており、翌日前日、期間、月初、月末、営業日などが求められます。日付についての理解を深めれば日々の業務がぐっと楽になります。シリアル値とはシリアル値とは、Exc

Pythonを使う意味とは?開発できることや身につける方法などを紹介

Pythonを使う意味とは?開発できることや身につける方法などを紹介

Pythonはどういう言語なのか Pythonは、読みやすさと分かりやすさを重視したプログラミング言語です。プログラミング初心者であっても理解しやすい構造になっており、習得しやすい言語でもあります。 読みやすい、分かりやすい、習得しやすいというだけでなく、実用性と汎用性があり、様々な用途に使うことができ、特に、機械学習に向いている言語として注目されています。 また、Pythonを

データドリブンとは?導入する目的やシステムの流れなどについて紹介

データドリブンとは?導入する目的やシステムの流れなどについて紹介

データドリブンの定義とは? データドリブンは、多くの場合データに基づく意思決定のことを指します。「Data Driven」をカタカナに直したもので、直訳すると「データ駆動」となります。 「データドリブン○○」といったように後ろに単語をつなげて、データに基づく経営やマーケティングを示すことも多いです。 データドリブンでは収集・蓄積したデータを分析して行動計画を作成し、実行した結果や

Pythonの8つの使い道とは?初心者の勉強に役立つ学習サイトも紹介

Pythonの8つの使い道とは?初心者の勉強に役立つ学習サイトも紹介

Pythonを扱う4つの職種 Pythonとは、AI開発やデータ分析などに強みを持つプログラミング言語です。汎用性が高く近年需要が増してきている言語であるため、Pythonに興味を持っているという人も多いでしょう。 Pythonを扱う職種としては、データサイエンティストやAIエンジニアなどが有名です。ここではPythonを扱う職種について解説していきます。 1:データサイエンティスト